2014/6/1 Venetian Snares@こだまの森レポ & セットリスト(不完全版)

来た来た来た来た遂に来た、ブレイクコア・キングが日本にやって来た!
先日5/31、6/1のTaicoclubに参戦しておりまして、念願の初ベネスネをキメてまいりました。

朝4時。草木も眠るどころか目覚め始めるえらい深い時間が持ち時間、直前のTim Heckerは轟音アブストラクトなサウンドをかき鳴らし、もうムードはパーティはそろそろお仕舞い、このまままったりと朝を迎えてもいいんじゃないか… 待望のアーティストを前にしながら、正直そんな不埒な事も頭をもたげていたのですが、やっぱ泣く子とアーメンにゃ勝てないワタクシ、10分早い登場と少しのイントロののちアーメンで、すっかり頭は吹き飛んで爆踊りしておりました。現金なものです汗

肝心のライブ内容については、いつもはライブというよりは、もはやDJスタイルの巧みなフェーダー&ミキシングテクを披露しておりました彼ですが、今回はデッキスキルまで身につけていたようでして、ああコスるわコスるわ、元曲もかなりエディットして流していたようですのでスタイルはDJながらもライブ感十二分。展開はオープニングこそゆるく始めるもアマゾン始め人気の曲はきっちりプレイしてましたし、ガバキックを入れ込んだり自らマイクを取ってカラオケ(!)まで披露、最後はスピコアで無尽蔵にBPMを釣り上げながらハードに〆るなど、バラエティに富みつつ終始飽きさせないダレ場ナシの巧みな運びでした。

そうしてさんざ踊ってもう身体中バッキバキの頃には完全に陽が上がっていて、朝日が射し始める中でも鳴ってるのは容赦ゼロのブレイクコア、しかも、方々でご報告されています通り、お客さんもほぼ好き者オンリー、と言う今思えば完全に夢としか思えないながらも、あの時あそこでしかなかった状態は忘れられません。あれはまさに名実ともに日本のブレイクコアの夜明け、だったのかもしれません。

終演後はツイッターでご報告があったとおり、袖の方でブレイクコアガチ勢(苦笑)をしておりました汗 アーロン、デカかった。

と、ホント最高しかなかった思い出多いベネスネ来日でしたが、ここで以下にセットリスト(不完全版)を書いてみました。
正直、怪しい記憶頼りのメモレベルですので、曲名忘れちゃったりして歯抜けだらけですし、誤りも多々あるかと思われます…もし良かったらここはこうだろうとか順番違うよetc、ぜひご情報お寄せください、よろしくお願いいたします!

10th Circle Of Winnipeg
Sound Burglar
Amazon
Hajnal
Eurocore MVP
?
Posers And Camera Phones
Kétsarkú Mozgalom
?
Make Ronnie Rockets
Sajtban
Circle Pit
Gentleman
Masodik Galamb
Epidermis
?
?
?
Ultraviolent Junglist
?
Skelechairs (Venetian Snares Remix)
We Hate Russell

(by Othermoon)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です