あなたは世界一のブレイクコアネットレーベルを知っているか? Sociopath Recordings 代表 Ironska インタビュー編

image

※このエントリーを読む前に、こちらのエントリーでSociopath Recordingsを知っていただけるとこの記事をより理解し楽しむことができますので、是非目を通してみてください!

台湾発、現在も活動を続ける世界規模のフリーブレイクコアネットレーベル「Sociopath Recordings」。そのオーナー Ironska にブレイクコア邪神Othermoonが10個の質問をぶつけてみました。
Ironska 本人の非常に丁寧な人となりと音楽に対する情熱、Sociopath の背景、そして台湾シーン、日本のリスナーに対するメッセージなど、Sociopath がよくわかる貴重かつナイスなインタビューに仕上がっています!
どうぞ最後まで読んでみてください。日本のお隣台湾は世界的ブレイクコア天国でした…!

※原文は英語でいただいたので例によって邪神が適当訳しております、もし間違いやわかりにくい箇所等ございましたらご了承ください汗

1. こんにちは!自己紹介をお願いします。

こんにちは、すべてのブレイクコア/エレクトロニカファン、そしてその熱烈な愛好家のみなさん、私は Ironska です。よろしくお願いします。
私は医療機器のエンジニアをしており、台湾のネットレーベル Sociopath Recordings の代表でもあります。

2. あなたの音楽遍歴や背景を教えてください。
(好きなジャンル、曲、アルバムなどなど)

そうですね、私は13〜15歳くらいの時にハウスやテクノ、ヒップホップのような電子音楽が好きでした。そして高校の時にドラムンベースやジャングルを聴き始め、同時にエイフェックスツインを見つけました。そのとき私はそれは本当にすごい音楽だと思いました。
それから私は IDM の CD (スクエアプッシャーやμ-ziqなど)を集めたり探したりし始めました。
そして18歳の時、私は IDM やドラムンベースをまだ大いに楽しんでいましたが、ちょっと飽き始めてもいました。なのでもっと違ったものを探す必要を感じ、c8.com と呼ばれるウェブサイト(これはアンダーグラウンドミュージックの最高のプラットフォームです)を見つけました。ここにはブレイクコアと呼ばれる、とてもワクワクするすばらしい音楽のレーベルがたくさんあり、私は本当に大興奮しました。
ブレイクコアのひずんだ高速のジャングルビートや、重いハードコアのキックとの出会いはここは初めてでした。
私のブレイクコアの経験から、好きな曲やアルバムなどを選ぶのは本当に難しいですが、Parasite の「Strong like a lion」は大好きな曲のひとつで、Venetian Snares の「Rossz Csillag Alatt Szuletett」は大好きなアルバムのひとつです。

3. あなたが Sociopath Recordings を設立した理由はなんでしょうか?

私が17歳(1999年)の学生だったとき読んだ雑誌に、世界的に有名なレーベル「Mo’Wax」のオーナー、ジェイムス・ラヴェルが18歳の時にそれを設立したとの記述があり、私はそれに大変驚嘆し、もし自分が同じようにレーベルを作る事ができたら、それはなんと素晴らしいことだろうと思いました。
しかし自分が24歳(2006年)になってもそれはまだ夢でした。その時は化学の博士号の学位を取っている最中で、実験をしていると場合によっては化学反応が終わるのに時間がかかるため、その時に FruityLoops で曲を作って時間を過ごし、自らのマイスペースのアカウントにそれをアップロードしていました。
そんなある日、CORE:BACK と言うフランスのネットレーベルから EP をリリースしないか、というメッセージが来ましたので、リリースをしました。そして「おそらく自分は人々に曲を共有するために自分のネットレーベルを設立することができる」と思いました。
そして Sociopath Recordings は2006年の冬に私のラップトップ上で設立されました。Sociopath として最初のリリースは、実際は私のドイツの友人「Moorieman」の楽曲でした。素晴らしい楽曲でしたが、ブレイクコアや IDM ではなく、プログレッシヴハウスあるいはその他の音楽に似たものでした。
しかしいずれにしてもそれは良いスタートでした。なので私はマイスペースでアーティストの方々を探すことを始め、Sociopath に参加しないかと尋ねて回りました。
これが今に至る旅の始まりです。

4. あなたのレーベル Sociopath のコンセプトや名前の由来があれば教えてください。

そうですね、少しコンセプトを述べてみます。

(1) しばしば社会、政府、全てのシステムは私たちを病気にします。
私たちは自らの考えや自分自身を表現するための出口を必要としています。
音楽はそのための手段のひとつとなれるでしょう。

(2) 私たちは現実の世界や民衆だと一般の人々に過ぎませんが、インターネットの世界では我々は完全に異質です!

5. なぜ Sociopath は世界的ネットレーベルになったのでしょうか?

音楽を信じていたので、ひとつになれたのだと思います。なので私は Sociopath はローカルレーベルか、国際的レーベルかと定めませんでした。他の有名レーベルと同様に。
アーティストたちは世界中のどこにでもいます。

6. なぜあなたはフリーでリリースを行うのでしょうか?

私は価格を設定しないことで、音楽は広く拡散されプロモートすることができると考えています。


7. あなたは来年でレーベルを10年続けてきたことになります。レーベルを続けるモチベーションは何だったのでしょうか?

自分が思うにレーベルを2〜3年続けた時点で、ネットレーベルを作ることで、たとえ自分たちと違う国からでも、お互いより近づくことができると知ったからです。

8. 2014年になってレーベルのカットナンバーがリセットされましたが何故でしょうか?(※)

(※訳注:2014年より前は「SRmp3 000」と言うカットナンバーでリリースをしており、2014年から「Sociopath 000」と言うカットナンバーに変わっています)

はじめに私は CDR のようなフィジカルのアルバムを公表したいと思っており、SRCDr001 のようなカットナンバーはフィジカル用に、SRmp3 のようなカットナンバーはデジタルリリース用にしました。しかし過去9年間、私は博士課程の取得や、徴兵で陸軍の軍役に行ったり、働いていたりして忙しかったのでフィジカルリリースができませんでした。私は将来フィジカルアルバムをリリースするかどうかわかりません。なので私はカットナンバーを「Sociopath」に変更し、リスナーの皆さんが従来のカットナンバー「SRmp3」の「mp3」の言葉を気にすることがないようにし、音楽そのものにフォーカスできるようにしました。

9. もしよかったら台湾のネットレーベルシーンについて教えてください。

台湾には今までいくつかのネットレーベルが登場していました。例えば、テクノやダンスミュージックの「Revox Records」「Slot Machine Records」、パーティのオーガナイズをしていた「Back 2 the Future」などです。彼らはCDやインターネットでフリーダウンロードのコンピレーションをリリースしていました。しかし、今はほとんどのネットレーベルは活動していません。

10. 日本のリスナーの方にメッセージがあればお願いします。

すべてのブレイクコア/奇妙なエレクトロニカファン、そしてその熱烈な愛好家のみなさん、私たちのレーベル「Sociopath」のリリースを聴いてくれてありがとうございます。ぜひ、リリースをお楽しみ下さい。そしてあなたの同級生、同僚、恋人、そして敵に私たちの音楽や公式ウェブサイトを共有してください!また、OthermanRecords、Sociopath Recordings を支援してください。良い音楽は支援し共有する価値があります。

Sociopath であれ!
神 Jah はあなたがたを祝福するでしょう!

いかがでしたでしょうか。
例えば、昔からのブレイクコアファンの方ならピンと来るエピソードだと思うのですが、エイフェックスツインやスクエアプッシャーあたりを端緒にこのへんの音楽に興味を持ち、c8.com にて完全にブレイクコアにハマり込むくだりは、国が違ってもおんなじなんだなー、とか、Ironska 本人の曲は、化学実験の間に制作され発表されていたのか!とか、本人だからこそのエピソードはとても興味深いですし、レーベルの設立や大きくなる過程についての話は、ブレイクコアでなくともネットレーベルを志す方にとっては参考になるものが多いのではないでしょうか。

ちなみに、直接お会いした Ironska は自分と同世代(32歳)で、マンゴーかき氷の美味しい店に案内してくれたり、こちらの質問に嫌な顔ひとつせず答えてくれたりと、非常に親切なナイスガイ!そして日本のカルチャーをとても良く知っていて、食品まつり知ってるかとかハイスタが好き、オリラジの漫才見せてきたり、ジョジョは何部が好きかとか聞かれたりしましたw
是非、いつか日本に来て(過去に一度来日経験ありだそうです)日台ブレイクコア交流したいですよね!

とても長くなってしまいましたが、ここまで読んでいただいて本当にありがとうございます!m(__)m
ですが、すみません、エントリー、まだまだ続きますw

次は Ironska ご本人から Sociopath でオススメあるいは印象的なリリースを教えてもらいました…が、80もあります汗
20個ずつに分けて+邪神コメントつきで、後日複数回にわたり掲載いたしますのでお楽しみに…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です